OpenVASの日本語化

脆弱性スキャナ、検査ツールである「OpenVAS」の多言語化対応で、日本語化にトライしてみました。

Greenbone Security Assistant (GSA) 7.0 パッケージをインストールしても多言語対応部分がないため、Webインターフェースを日本語化できません。
原因はフランス語がビルドできないため対応されていないと思われます。

パッケージをインストール後にアーカイブを/usr/share/openvas配下で展開していただくと言語が選択できるようになります。
自分が試したのは、CentOS7 に yum でインストール後に行っています。

アーカイブファイル:gsa

※なお、アーカイブ展開しても直ぐに反映はされません。一度システム再起動を行ってください。(gsadの再起動が必要だと思われます)

無事に日本語が表示できることを祈りつつ
エロイムエッサイム、エロイムエッサイム我は求め訴えたり。。。